ご活用例

ご活用例 | 株式会社ホンヤク社 SRT事業部
  1. HOME>
  2. 提供サービス>
  3. ご活用例
ご相談窓口
お問い合わせ:03-6841-1121
お問い合わせ・お見積もり
提供サービス
SRTとは
目次翻訳
リサーチ翻訳
対面翻訳
ご活用例
ホンヤク社グループサイト
 ホンヤク社では語学に関する様々な
 ソリューションを行っています
グローバルビジネスを信頼の翻訳でサポート・翻訳支援ツール、辞書ソフト『対訳君』の販売「株式会社ホンヤク社」
通訳派遣事業部
弊社は、北米での販売展開をより強力に推進するために、米国カリフォルニア州において現地法人を設立いたしました。
こんなときにSRTをご利用ください
case1 「ドイツ語の資料は持っているが、知りたい情報があるかどうかわからない」
例)ドイツの渋滞解消対策を調べたい。
現地発行のパンフレット、冊子、Webサイトのリストはあるが、ドイツ語なのでよく分からない。
本当に当てになるのか、どういう情報が載っているのか把握できない。
・その場で指示を出したい
対面翻訳が最適です。
  書面に落とせない微妙な仕様を口頭で指示することができます。
・冊子やパンフレットが多く、貸出が手間
対面翻訳なら、リサーチャーがお客様のオフィスで作業を行い
  ますので、煩雑な事務処理がなくなります。
・何が書いてあるのかリスト化して教えてほしい
目次翻訳が最適です。
  冊子など紙媒体は当社が責任を持ってお預かりし、リサーチャーが
  読み込んでリスト化いたします。
・リサーチ対象のWebサイトのリストがあり、調べたいキーワードも
 明確化している

リサーチ翻訳で対応可能です。
  リストとキーワードなどの仕様をご提供いただければ、納品までお待ち
  いただくだけで情報が手に入ります。
case2 「タイ語でWebリサーチが必要」
例)タイの商業地を調べたい。
その土地の交通利便性、隣接している地域の特徴、場所の雰囲気(できれば写真か動画で見たい)を総合的に判断して
出店地候補を決めたい。
対面翻訳がぴったりです。
お客様のオフィスで作業いたしますので、調査結果をその場で確認でき、引き続いての調査をリアルタイムで微調整することができます。より早く、正確な情報を入手することができます。
case3 「海外出張先の情報を調べたい。だけど時間がない」
例)トルコの出張訪問先の企業情報を入手したい。
英語の情報では足りず、トルコ語の情報もほしい。できれば訪問先以外の同業他社のリストアップもしてもらいたい。
リサーチ翻訳で対応可能です。
トルコ語専門のリサーチャーが対象企業のトルコ語情報から、仕様に基づいた情報をリスト化してご提供いたします。お急ぎの場合は複数名での同時調査も可能です。
case4 「出張先のアポ取りをお願いしたい」
例)インドネシアの出張訪問候補企業に電話をかけてアポイントメントを取りたい。
インドネシア語でのコミュニケーションが必要なので、対応してもらいたい。
対面翻訳なら、インドネシア語が堪能な通訳者がその場でを
 アポ取り行います。

アポ取りがうまく進まないようであれば、追加の候補企業を探すこともあわせて行うことも可能です。
case5 「200頁の報告書。必要なところだけ翻訳してほしい」
例)ミャンマーの経済レポート。インフラに関係する部分だけピックアップして翻訳してほしい。
・適度な量の目次がある
目次翻訳で目次の内容を確認後、知りたい情報の項目だけを選定し、
  翻訳をご依頼ください。
・目次があっさりとしていて目次翻訳だけでは情報が取れるか不安
→インフラのどのような情報を知りたいかがはっきりしている場合は、仕様書のかたちでご指示いただければ、報告書を読み込みながら、必要な箇所のみを翻訳いたします(リサーチ翻訳)。書かれている内容次第で翻訳が必要かどうかを判断したい場合は、対面翻訳で対応可能です。書かれている内容を口頭でご報告いたしますので、その都度翻訳の要不要を確認することができます。知りたい内容があった場合はその箇所を翻訳して納品させていただきます。
case6 「そもそも情報が手に入るのだろうか?」
例)アフリカ西海岸の漁業事業について現地の情報がほしい。
まずはご相談ください。お打ち合わせとご提案を繰り返しながら、ご予算・目的・日数に合った最適なソリューションをご提案いたします。
ページの先頭へ戻る
翻訳サービス | 通訳派遣事業部 | HONYAKU USA INC