goTop

翻訳・通訳・人材派遣・人材紹介・SRT
株式会社ホンヤク社

お問合せ・お見積もり

ホンヤク社の
医療機器翻訳

ホンヤク社は、長年にわたって医療機器メーカーへ
医療機器のマニュアルや各国の申請文書の制作・翻訳の
支援をしてきました。

医療機器は、さまざまな国で持続的成長産業の一つとされており、日本のメーカーが海外展開したり、あるいは海外メーカーが日本に入ってきたりなど、今後ますます市場が拡大すると見られています。医療機器は大事な人命を預かるものであるため、機器そのものの性能や安全性はさることながら、マニュアル等の関連ドキュメントにおいても細心の注意を払って制作・翻訳される必要があります。
ホンヤク社は、長年にわたって医療機器メーカーへ医療機器のマニュアルや各国の申請文書の制作・翻訳の支援をしてきました。

主な取り扱い機器・器具、文書

承認申請書類
医薬品・医療機器の各国
申請文書(FDA、EMA、CFDA、PMDA etc)
GMP・生産製造
品質管理マニュアル、GMP、バリデーション関連
医療機器
CT、MRI、人工透析器、
超音波画像診断装置、
人工骨、人工関節、内視鏡、
人工心肺装置、麻酔器、
人工血管、心電計、注射針、
ペースメーカ、カテーテル、
ステント、採血針、補聴器、
血圧計、コンタクトレンズ、
医療機器用ソフトウェアア
臨床・治験・研究
プロトコール、研究・
開発・市販後各種文書、
治験関連文書、論文、
規制・規格文書

医療機器翻訳の難しさ

医療機器文書の翻訳には、語学はもちろん、医療と機械の専門知識、ソフトウェアや医療機器安全性試験に関する専門知識、さまざまな申請関連文書の関係性など、かなり高い専門性が求められます。また、医療機器のテクノロジーが目覚ましい速さで進歩する中で、それを追いかけるように規制や規格も変わっていくため、スピードやコスト面の要件も高くなります。

ホンヤク社での医療機器翻訳における取り組み

ホンヤク社では、約50年にわたって関係を築いてきた専門の翻訳者・チェッカーと、テクノロジーを用いたソリューションの提案により、お客様の品質・コスト・スピードへのご要望に応えております。
TradosなどのCATツールの使用により、過去の類似文書からの流用、重複箇所の省力化、専門用語の適用などを効果的に行ったり、XbenchやQA DistillerなどのQAツールの使用により、訳抜けや漏れ、数字や記号の転記ミス、お客様指定の表記やスタイルの適用などにおけるチェックの自動化を行ったりしております。
加えて、昨今では機械翻訳(自動翻訳)の精度が上がっており、ドキュメントやプロジェクトによって効果的に使うための検証を行っております。特に、よりスピードを求めるお客様へ機械翻訳と人手のポストエディットを組み合わせたサービスを提供しております。
医療機器翻訳のお問い合わせはこちら
何から解決していけばよいかわからないというお客様、まずはお気軽にご相談下さい!
通訳サービス | 派遣・人材紹介部 | SRT事業部 | HONYAKU USA INC