goTop

翻訳・通訳・人材派遣・人材紹介・SRT
株式会社ホンヤク社

お問合せ・お見積もり

ホンヤク社の
特許MT(機械/AI翻訳)
PE(ポストエディット)サービス

増加する海外出願に対してJPOはより速くより良い審査を目指しており、
MT(機械翻訳)への期待がますます高まっています!

国内外で特許翻訳のMTエンジンは
かつてないほどのスピードで精度が向上しております
日本企業による国内特許出願件数は減少しているものの、海外への出願件数は増えています。その中でJPO(特許庁)は「世界最速・最高品質の特許審査」の取り組みを行っており、とりわけMTの活用を促進しています。実際に国内外でも特許翻訳のMTエンジンはかつてないほどのスピードで精度が向上しており、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)のエンジンがさまざまなところで利活用されたり、WIPOやEPOなどでもMTの利用促進が図られたりしています。
バランスの良い特許翻訳MT+PEサービスを提供!
ただし、まだ機械翻訳はそれだけで十分な品質を出せるものではなく、出願書類として問題のない内容にするためにはPE(ポストエディット)と呼ばれる、人の手による加筆修正が必要です。ホンヤク社では、MTの長所である工数削減と、人手翻訳の長所である品質の良さを合わせた、バランスの良い特許翻訳MT+PEサービスを提供しております。また、CAT(翻訳支援)ツールと呼ばれるソフトウェアを使用することで、機械的に用語集の反映を行ったり数値ミスなどをダブルチェックしたりできます。
このようなお客様にご利用いただいています!
・特許申請に関する翻訳が常時的に発生しており、コストを削減したい。
・申請のための翻訳に時間が掛かっており、よりスピード化を実現したい。
・指定の用語集やスタイルガイドなどを自動反映し、ヒューマンエラーを防ぎたい。
特許MT+PEサービスのお問い合わせはこちら
何から解決していけばよいかわからないというお客様、まずはお気軽にご相談下さい!

ホンヤク社の特許MT+PEサービスの特徴

メリットその1 翻訳費用を下げられます!
MTを活用することで、従来の翻訳フローより1〜2割の工数を減らすことが可能です。そのため、お客様にリーズナブルな価格でサービスを提供できます。
メリットその2 納期を短縮できます!
費用と同様に、従来の翻訳フローより1〜2割の工数削減により、納期も短くできます。翻訳のための期間確保にお悩みだったお客様に効果的です。
メリットその3 スタイル・用語の反映や統一、訳文の品質は維持できます!
MTで出力された訳文を、専門のポストエディターが見直すことにより従来と同様の品質を確保できます。また、CATツールの使用により、用語のぶれ・数値ミス・指定スタイルの不順守・過去ドキュメントとの不整合なども機械的に検出できます。
メリットその4 過去の翻訳資産を活用できます!
これまでの関連案件などを翻訳メモリとしてデータベース化し、新たに訳したいドキュメントと差分を取ることで、完全あるいは部分的に一致した文章を効率的効果的に翻訳できます。これにより、いっそうのスピード化とコストダウンが実現できます。
特許MT+PEサービスのお問い合わせはこちら
何から解決していけばよいかわからないというお客様、まずはお気軽にご相談下さい!
通訳サービス | 派遣・人材紹介部 | SRT事業部 | HONYAKU USA INC